キャッシング枠ならクレジットカードからも過払い金請求ができる!

キャッシング枠ならクレジットカードからも過払い金請求ができる!

過払い金請求といえば、消費者金融からの借金についてしかできないと考えている人も多いようです。

実は、クレジットカードのキャッシング枠は、消費者金融からの借金と同様にグレーゾーン金利を適用していました。そのため過払い金請求が可能です。 しかし、クレジットカードのキャッシング枠について過払い金請求をする場合には、ショッピング枠の残高についても考えておかなければ、予想外のデメリットを受けてしまうことがあります。

ここでは、クレジットカードの過払い金請求をする時のポイントや注意点について紹介します。

過払い金請求とはどんな制度?

dollar-1362244_1920

改正貸金業法が完全施行されるまでは、利息制限法で定められた上限金利を超えた金利で貸金業者がお金を貸しても、出資法による上限金利29.2%を超えなければ、罰則がありませんでした。 利息制限法により定められた上限金利は、貸付残高に応じて段階的に厳しく制限されており、20%以下に制限されています。

利息制限法により定められている上限金利を超えて、出資法に定められた29.2%以下であれば、罰則適用されることなく貸金業者がお金を貸せたことから、利息制限法に違反した違法な金利での貸付が行われていました。

利息制限法に基づいた上限金利内で借りていれば、返済総額が少なかったことになります。 過払い金請求の仕組みは、違法金利で借りていた取引履歴を確認した上で、正しい上限金利で計算し直した返済総額との差額を変換請求することで、払いすぎていた利息を取り戻すことが出来ます。

過払い金請求の額を計算した上で、民法の不当利得返還請求権を行使して過払い金請求を行なうことが可能です。 任意交渉も行えますが、弁護士に任せれば、過払い金請求の仕組みを熟知しているので、最終的に納得する額の返還がされなければ、提訴した上で取り戻すことも出来ます。

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金が発生する

CH9V9A0044_TP_V

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができる

クレジットカードには、インターネットや実店舗での買い物に使用できるショッピングとお金を借りることのできるキャッシングの二機能が備わっています。

ショッピング機能はクレジットカード会社がクレジットカード使用者の買い物の支払いを建て替えていると定義されているため、過払い金請求を行うことができません。 一方でキャッシング機能に対しては過払い金請求を行うことができます。

オリコ・ニコス・エポスカードといった主要なクレジットカードも過去に上限金利を超えた違法な利息による貸付を行っていたため、クレジットカードのキャッシングでお金を借りていた方は過払い金請求できる対象に含まれているか確認した方が良いでしょう。

ただし、クレジットカードのキャッシングに対する過払い金請求を行う場合に注意することがあります。過払い金請求を行ったクレジットカードは基本的に使用できなくなります。

また、ショッピング枠もしくはキャッシング枠に残高がある時に過払い金請求を行い、残高が過払い金請求金額よりも高額であった場合に、信用情報機関のブラックリストに載ってしまい、他社のクレジットカードが使用できなくなってしまったり新たにクレジットカードを新規作成できなくなってしまいます。

クレジットカードのショッピング枠は「借金」ではないので過払い金は発生しない

クレジットカードのショッピング枠は利用時にカード会社が支払いを肩代わりするシステムです。後日に利用料金と併せて手数料を支払いますが、ショッピング枠は現金を融資してもらう借金には含まれないので、過払い金請求の対象にはなりません。

過払い金請求は借金の返済の際に払い過ぎた利息の返却を求める請求行為です。 借金の利息は法律で定められた金利から算出するので、法規制を超える金額の支払いについては返金を要求することが出来ます。

その一方でショッピング枠の利用に関する手数料はカード会社が独自に設定した物であり、法律での規制も存在しません。そのため、借金に付随する利息とは見做されないので過払いには当てはまりません。

過払い金が発生している主なクレジットカード会社まとめ

money-256314_1920

過払い金問題が発生した2007年前後から、ほとんどのクレジットカード会社は法廷内金利に切り替えているため、過払い金が発生しているケースは2007年以前から取引をした方になります。 2007年以前に法定外金利で貸し付けを行っていた主な会社に、セゾン、オリコ、三菱UFJニコス、イオンなどが挙げられます。

まず初めに、セゾンはクレジットカードのキャッシングの他、ローンカードも発行していますので、過払い金が発生しているケースが多い会社です。以前は過払い金請求額そのままの金額を返還していましたが、近年では減額交渉をするケースが増えています。

次に、みずほ銀行との結びつきが強く、資金面でも健全なオリコカードは、過払い金請求をする際に「引き直し計算がしづらい」「和解から入金までが遅い」といった傾向があります。

次に、三菱UFJニコスは合併会社ですので、複数カード(NICOSカード・DCカード・マイベストなど)を利用している方が多いことが特徴です。 そのためニコスへ過払い金を請求する場合は、一部のカードだけではなく、これら全てのニコスカードが手続きに必要になります。

最後に、イオングループのクレジットカード会社であるイオンは、資金面で非常に安定していますので、過払い金請求に対しても柔軟かつ誠実に対応してくれることが特徴です。返還率も比較的好条件が提示される傾向にあります。

クレジットカード会社に過払い金請求をした場合の4つのデメリット

KK_9V9A5499_TP_V

過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能があり、それぞれ利用可能枠があります。クレジットカード会社にもよりますが、この2つの枠はそれぞれ独立しているのではなく、多くの場合ショッピング可能枠の中にキャッシング可能枠が含まれています。

クレジットカードのキャッシングの中には2006年に賃金法が改定されるまでは利息制限法の上限を超えた金利で貸付を行っていたところがありました。 そのため上記で述べた会社のクレジットカードでキャッシング枠を利用したことがある人は、過払い金請求をすることができます

しかし、過払い金請求をする際に気をつけないといけないポイントとして、クレジットカード会社に対してキャッシング枠の過払い金請求を行うと、そのクレジットカードは解約という扱いになってしまうため使えなくなってしまいます。

これはクレジットカードのキャッシング枠が、ショッピング枠の中に含まれているからです。 ショッピング枠の債務を残したまま、キャッシング枠だけの過払い請求を行うことはできません。

そのため、クレジットカードで光熱費などの公共料金や電話代などを支払っている人は、過払い請求を行うとそのクレジットカードで引き落としができなくなってしまうので注意が必要です。

債務が残る場合はブラックリストに載ってしまう

クレジットカード会社に過払い金請求をする際に、もし借金を完済した状態ならば何も問題はありません。ですが、借金返済中に過払い金請求を行った場合、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。

というのも、返済中の過払い金請求は、借金の額を減らすための任意整理となり、個人信用情報に事故情報として登録されてしまうからです。 例外として過払い金で借金が返済できる場合は、任意整理情報が削除されブラックリストも白紙に戻すことができます。

ですが、もし債務が残ってしまった場合、ブラックリストに載ったままになりますので気を付けましょう。 借金返済中の方は、過払い金請求をする前に引き直し計算を正確に行い、返還金で債務がなくなるかどうか調べることが必要です。

ショッピング枠の債務がある場合もブラックリストに載ってしまう

過払い金請求を行うとその対象のクレジットカードは使用することができなくなりますが、他のクレジットカードを使用することはできます。

ただし、気をつけなくてはならないのは、ショッピング枠内の債務を完済せずに過払い金請求を行うと、対象のクレジットカードだけではなく他のクレジットカードも使えなくなってしまう可能性があるということです。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の中に含まれていますので、過払い金請求を行った場合に返還される過払い金はショッピング枠内の債務の残高との間で相殺されます。 この際、もしも過払い金がショッピング枠内の残高を上回っていれば問題ないですが、逆にショッピング枠内の残高の方が過払い金の金額よりも上回っていた場合には、任意整理として信用情報機関にその情報が登録されてしまいます。

これは一般的にブラックリストに載ってしまうと言われる状態です。 この状態になると対象のクレジットカードはもちろんのこと、それ以外のクレジットカードも使えなくなってしまいます。

関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性がある

もし過払い金請求を行うと、その会社のクレジットカードは解約となり利用することができなくなります。 借金返済後に過払い金請求を行った場合は、その会社以外のクレジットカードは使用することができます。

ですが、借金返済中に請求を行った場合は、前述したようにブラックリストに載る可能性が高くなり、全ての会社で新しくクレジットカードを発行することやローンを組むことも難しくなります。 ブラックリストは5年から7年で更新されるため、その後はカードやキャッシングを利用することができます。

しかし、過払い金請求を行った会社は独自のブラックリストを保管していますので、その会社及び関連会社のクレジットカードやローンは半永久的に利用することができなくなる可能性があります。

過払い金請求してからクレジットカードを作成する

credit-card-1300590_1280

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

過払い金請求をする場合にクレジットカードが作れるかどうかが問題になりますが、すでに全額返済している場合はクレジットカードを作ることが可能になります。 過払い金請求の時にクレジットカードが作れないという話もありますが、そもそもの原因は審査をするときにチェックをする信用情報に名前が載っているからです。

ブラックリストに登録されてしまうのは債務整理をした場合です。 まだ借金が残っている段階で過払い金を請求すると、ブラックリストに登録される可能性があります。

ただ、過払い金請求をした結果完済できる場合、すでに全額返済している場合はブラックリストに載らないため、クレジットカードを作ることが可能になります。

過払い金請求をして債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高い

債務を完済してから、過払い金請求をしてもクレジットカードの利用や作成には一切影響はありません。 仮に債務が残っているときでも、過払い金の返還によって、債務をすべて返すことができれば、心配する必要はありません。

問題なのは、過払い金の回収額をもってしても債務残高が相殺しきれないときです。この場合は、債務整理の中の任意整理として扱われます。 任意整理となると、ブラックリストに載ってしまいます。

いったんブラックリストに登録されると、新たなローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするのがかなり難しくなります。 これは、過払い金請求先の金融機関のクレジットカードばかりではなく、他社のカードも同様です。

したがって、過払い金請求をするときは、債務残高と過払い金の額を正確に計算しなくてはいけません。過払い金を少しでも早く回収しようと思って、あわてて請求を出すと債務の返済額には足りないケースもあるでしょう。 そうなればブラックリストに掲載されて、新しいクレジットカードが作れなくなるばかりか、更新にも支障が出ることがあります。

そういう意味でも、できるだけ債務を返してから、過払い金請求をしたほうが安全です。

一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードは作れない

過払い金請求をした場合でも、借金を完済してあるならばほかの会社でクレジットカードを作ることができます。ですが、過払い金請求をした会社に再びカードを作るように審査をしたとしても、通常はカードを作ってくれません。

クレジットカードを作ってくれない理由は様々ですが、一番の理由は貸し金業者に過払い金請求をしたからです。貸金業者としてはできるだけ過払い金を支払いたくありません。

過払い金を払うと、会社の経営にも影響が出る恐れがあるからです。できることならそのまま消滅時効が完成してしまい、過払い金請求ができないようになってほしいと思っているでしょう。 実際に過払い金を払い過ぎて倒産してしまった会社があるぐらいですので、貸し金業者も神経質になっているのです。

まとめ

credit-card-1080074_1280

クレジットカードから過払い金請求をすることは出来るが、請求先のカードは使用する事が出来なくなってしまいます。また、関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性もあります。

過払い金が借入残高を下回り、請求が成立しない場合は、任意整理の扱いとなってしまいブラックリストに載ってしまいます。

新しいクレジットカードを作る時にも、完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作ることが出来ます。 債務が残ってしまう場合は、新たなクレジットカードは作ることが出来ない可能性があります。 また、一度でも過払い金を請求した業者からはクレジットカードを作ることが出来ないので注意が必要です。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求の基本情報