依頼する前に知っておきたい過払い金請求のデメリット

依頼する前に知っておきたい過払い金請求のデメリット

過払い金請求は基本的に大きなデメリットはない?

過払い金請求をする際に気になるのがデメリットがあるか、ないかです。お金が返ってくるのは非常に大きなメリットですが、しっかりとデメリットを知った上で損することなく過払い金請求したいですね。

過払い金請求をするとブラックリストにのる・ローンが組めなくなると聞いたことがある人もいると思います。 しかし、それは間違いで過払い金請求をしてもブラックリストにはのらないですし、過払い金請求した後でもローンを組むことができます。

これは債務整理の中の借金を減額する手続きである任意整理がこれらのデメリットに当てはまることから間違って知られているのが影響していると考えられます。過払い金請求はほとんどデメリットがない手続きです。しかし、個人の状況によってはデメリットとなりうることもあるので説明していきます。

過払い金を請求した消費者金融・クレジットカード会社が利用できなくなる

過払い金請求をすると、過払い金を請求した貸金業者の利用ができなくなります。貸金業者は顧客の情報を細かく管理しています。過払い金請求をしたこともしっかりと記録され残ってしまいます。

過払い金請求は貸金業者にとって不利益になることです。当然、一度貸金業者にとって不利益となる過払い金請求をした人に再度利用させることはないでしょう。

別の、貸金業者・クレジットカード会社であれば利用することはできるので大きなデメリットとはならないでしょう。

請求した業者のグループ会社の利用もできなくなる可能性がある

過払い金を請求した貸金業者の利用ができなくなるとともに、その貸金業者のグループ会社でのクレジットカード作成や新たな借入も難しくなります。 貸金業者は顧客の情報を細かく管理しており、過払い金請求して履歴も残るとありました。これはその貸金業者のグループ会社にも適用され情報が共有されている可能性が高く利用することが難しいとされています。

しかし、別グループ会社のクレジットカード・消費者金融であれば問題なく利用することができるので不安に思う必要はありません。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

返済中の過払い金請求で残債が残ると任意整理になりブラックリストにのる

過払い金請求をしてもブラックリストにのらないと説明しました。 しかし、借金を返済中で過払い金請求をする場合はブラックリストにのる可能性があります。

返済中の過払い金請求で重要なのは返還される過払い金で借金が完済できるかです。これによりブラックリストにのるか、のらないかが関わってきます。返済中の過払い金請求は返還される過払い金を残っている借金の返済に充てます。過払い金を返済に充てた結果、借金が残ってしまうと手続きの内容が過払い金請求ではなく任意整理と変更になり、ブラックリストにのってしまいます。

ブラックリストというのは通称であり、正しくは個人信用情報機関に事故情報が登録されるということです。新たなローン・借入をする際の審査にこの信用情報機関に登録されている情報をもととするので非常に重要です。全て貸金業者は信用情報機関に登録しています。 信用情報機関は以下のものがあります。

JICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)

最も古い信用情報機関であり、全国信用情報センター連合会・テラネット・CCBが統合した組織です。平成18年に改正貸金業法で定められた指定信用情報機関となっています。 主な会員は消費者金融とクレジットカード会社(信販会社)です。

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

クレジットカード会社系の信用情報機関です。信販系が多くなっていますが、銀行系金融機関や消費者金融も数多く加盟しています。主な会員はクレジットカード会社(信販会社)です。

全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)

銀行や銀行系クレジットカード会社、銀行系の信用保証協会や、農協・信用組合・信用金庫が加盟しています。事故情報の登録は他の2つの機関と同様ですが、全国銀行個人信用情報センターのみ自己破産の官報情報も登録しています。主な会員は銀行と銀行系消費者金融・銀行系クレジットカード会社です。

ブラックリストにのると約5年の間、新たな借入ができなくなったり、新たなローンが組めなくなったりしてしまうデメリットがあります。 返済中の過払い金請求をする場合は、事前に返ってくる過払い金がいくらになるか、過払い金で借金を完済することができるかを調べておくことでブラックリストにのることが回避できます。

まずは司法書士・弁護士に相談してどんなデメリットがあるか相談するのもアリ

過払い金請求のデメリットは個人の借入状況により色々あります。全ての借金を完済している過払い金請求だったとしても、グループ会社の利用が難しくなる可能性があります。

知識がないまま手探り状態で手続きをするよりも、過払い金請求に詳しい司法書士や弁護士に一度相談することをおすすめします。事前に自分に起こりうるデメリットを知った上で過払い金請求することができるので、安心して過払い金請求ができるでしょう。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求の基本情報